マタニティウェディングナビ|マタニティ専門の結婚情報サイトすべてのママに結婚式を。 マタニティウェディングナビ|マタニティ専門の結婚情報サイトすべてのママに結婚式を。

不安や悩みに専門スタッフがお答えします!
無料相談予約・お問い合わせ
スマホメニュー
 

Maternity Wedding Media マタニティウェディングメディア

  • 失敗しないマタニティ婚5つのポイント

マタニティ情報タイトル上マタニティ情報タイトル上 失敗しないマタニティ婚5つのポイント 2017.02.01

 |  433

マタニティ情報タイトル下マタニティ情報タイトル下

     

マタニティウエディングを成功させる
大切なポイントとは?

結婚式を挙げるタイミングを見極める

イメージ

結婚式を挙げるのにベストな時期は個人差はありますが、つわりもおさまり、母子ともに安定してくる5~6カ月頃からがおすすめです。
また、9カ月以降はお腹も大きくなり負担が多くなるので、その前に結婚式をあげるのが良いでしょう。

結婚式までの準備期間をイメージする

マタニティウェディングの場合、会場決定から2~3カ月で結婚式の準備をするのが一般的。
お急ぎの場合は、最短1カ月程度で準備ができるプラン(最短2週間という会場もあります)を用意している会場も。
新婦の体調が第一なので無理のないスケジュールで進められるよう相談してみましょう。

イメージ

打ち合わせなど、柔軟に対応してくれる会場を探す

イメージ

マタニティウェディングのプランを出している会場なら、妊婦のサポート経験が豊富なプランナーがいるので、準備も体調に合わせて調整してくれます。
打ち合わせ回数を減らしたり、電話やメールでのやりとりを中心にしてくれるなどの対応は嬉しいポイント。

対応力のあるドレスショップを味方に

最近ではマタニティ用のドレスもデザイン豊富に。ドレス選びを楽しみましょう!しかし、結婚式当日に予想以上にお腹が大きくなってしまい、選んだドレスが入らない…というハプニングも。マタニティウェディングドレスや通常ドレスのサイズを大きくしたり、リボンやベールなど飾りを付けたりなど様々な工夫により望んだドレスが着用できるように、サポートしてくれるドレスショップがあります。

イメージ

本番ギリギリまでサイズ調節に対応してくれるショップもあるので確認を。

マタニティウエディング専用のプランを活用する

イメージ

出産後の費用も考えると、あまり結婚式にお金はかけられない・・・という方も多いのでは。マタニティ専用のプランなら、ドレスや写真、会場費など、結婚式に必要なものがしっかりと含まれ、通常のプランよりも割引率が高くてお得なので賢く活用してみては。

この記事はこの人が書きました!

西田浩治 マネージャー

業界初の医療とのコラボレーションに着目。15年以上ブライダル業界に精通し、広い人脈と確かな知識、また自身の経験をもとにマタニティウェディングを全面サポートします。「The Professional Wedding認定 おめでた婚サポートプランナー」


おすすめ記事上 この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます! おすすめ記事下
TOPTOP