マタニティウェディングナビ|マタニティ専門の結婚情報サイトすべてのママに結婚式を。 マタニティウェディングナビ|マタニティ専門の結婚情報サイトすべてのママに結婚式を。

不安や悩みに専門スタッフがお答えします!
無料相談予約・お問い合わせ
スマホメニュー
 

Maternity Wedding Media マタニティウェディングメディア

  • マタニティ婚も間に合うけど、無理せずママ婚『ファミリーウエディング』もあり

マタニティ情報タイトル上マタニティ情報タイトル上 マタニティ婚も間に合うけど、無理せずママ婚『ファミリーウエディング』もあり 2017.02.01

 |  338

マタニティ情報タイトル下マタニティ情報タイトル下

     

子供が生まれてからの結婚式も素敵!
『ファミリーウエディング』って?

嬉しさ2倍のマタニティウェディングですが、何よりも大切にしなければならないのは新婦とお腹の赤ちゃんです。
妊娠中は心身の調子が予測できません。無理をしてしまうと流産のリスクもあり、妊娠高血圧症や切迫早産で入院する可能性も。

イメージ

不安が多い場合は無理をせず、無事に赤ちゃんが生まれてから一緒に祝うのもひとつの方法です。
最近では出産後に子どもと一緒にする『ファミリーウェディング』も人気。子供の1歳の誕生日のお祝いやお披露目を兼ねて行うカップルも。リングガールやリングボーイ、子どもと一緒にケーキにデコレーションするなど、子供がいるからこその演出ができるのも嬉しいポイントです。

実際、『ファミリーウエディング』を挙げる際にどのようなことが大切になってくるのでしょうか?

子供の年齢によって悩みも変わってくる!

子供の年齢によって、注意すべきポイントが変わってきます。例えば、生後半年~1年くらいであれば、ベビーシッターや託児室の利用、授乳のタイミングが必要に。また、2歳くらいになると、好奇心も旺盛になり、同じ場所に居続けることが難しくなってきます。その場合は、子供が飽きないようなプログラムを組むことも重要に。

子供が主役!みんなが参加できる楽しい式に

子供も一緒に楽しめるような式を考えてみましょう!ウェディングケーキを一緒に飾り付けしたり、進行の一部を子供に協力してもらったりと、一緒になって式を作り上げることが大切です。パパやママと衣装を合わせて一緒に登場しても可愛いかもしれません。家族みんなで参加できるような結婚式であれば、子供たちにとっても大切な思い出になるのではないでしょうか。

託児室や授乳室のある会場をチェック!

結婚式場の中には、託児室やキッズルームがある式場も。ベビーカーやベビーベッドを貸してくれるところもあります
子供に関して気がかりなことも多い『パパ&ママ婚』ですが、件数の増加に合わせて会場側のサポートも充実してきています。気になることはどんどん相談して、担当者と一緒に素敵な結婚式を作り上げていきましょう。

この記事はこの人が書きました!

松本麻衣子 マタニティコンシェルジュ

プランナー経験も豊富でマタニティコンシェルジュ認定資格を取得。
経験豊富な知識とお客様に合わせた提案が魅力。


おすすめ記事上 この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます! おすすめ記事下
TOPTOP